スーパーマーケットの日配部門で見切り品を発生させる

どのような部門にも大変な仕事であったり時間がかかる仕事であったりと色々なことがあるものです。

その中でも発注業務というのは、時間がかかるものであり、また頭を悩ませるものでもあります。

今回は日配部門の見切り品に観点を当て、普段私が感じているようなことも交えてお伝えしたいと思います。

発注業務には時間がかかる

担当者の癖がでるのはやはり発注業務でしょう。

商品自体が無ければ売上にもならないし、お店としても商品がなければ信用問題になります。日々の商品仕入れがいい加減だと、日付の古い(鮮度が落ちている)商品ばかりでは次々と見切り品がでてきてしまいます。

広告


見切り品とは

見切り品というのは、賞味期限または消費期限が迫っている商品を値引きすることを「見切り」と呼んでいます。この見切り品には○%引きとなっていたり、○円引きというシールが張り出されている商品がお近くのスーパーにあれば、それが見切り品です。

この見切り品を増やすのは、良い部分もあれば、悪い部分もあるため、その店または担当者の戦略によるかと思いますが、意図的に見切り品を発生させることもあれば、やむ負えなく発生することもあるかと思います。

それでは意図的に発生させるとは、どういうことなのでしょうか。

過剰に発注をしてみる

過剰に発注をするというのは、実際に売れる見込みの数量よりも多く発注を上げるという意味です。

これにより、豆腐などの賞味期限が短い商品はすぐに見切りの対象になり、商品によってはすぐに見切りシールを貼ることになります。

見切り品というのは、その商品の価格を下げて売るわけですから、お客様は納得して買っていってくれます。ただし、見切り品であることがすぐにわかるようにしておかなければ、お客様が正規の品と間違って買っていってしまうと信用問題になるため危険です。

普段は手が出しにくい値段の品であった場合、見切り品であれば買っても良いかという心理も働く為、商品が売れやすくもなります。

部門の担当者は売上を欲しがっている

社員は数字というものがついて回るため、売上を欲しがっているものです。見切り品を意図的に作ることによって、上記のようなお客様を取り込むことができるようになり、売上が上がりやすくなります。ただし、客単価が下がることもあるので、意図的に作る商品を間違えると、逆効果です。

見切り品のデメリット

それでは次にデメリットを紹介いたします。

デメリットとして考えられるのは 利益の低下 です。

それぞれの部門の社員は、数字が絡んでくると言いましたが、利益という数字ものしかかってきます。当たり前の話ですが、スーパーマーケットは慈善事業ではないため、会社には儲けが必要になってきます。これが利益というものです。

本体の見切り品は賞味期限が迫っているため、早めに処理しておかなければ、廃棄(商品を捨てること)することになるため、仕入れたものをお金に変えることなく捨ててしまうので、儲けはゼロです。

仕入れるだけでは仕入れ金額が発生するので、そのままゴミにしてしまうことにより、その仕入れた金額分損をしてしまうことになるため、担当者は見切り品にすることでその損害を最低限押さえようとします。

これが見切り品というものです。売上と利益のバランスを考えるのが部門の担当者の仕事の一つです。

広告


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です