日配部門の洋日配(ようにっぱい)とは

日配部門の洋日配(ようにっぱい)とは

日配部門には大きく分けて、和日配(わにっぱい)と洋日配(ようにっぱい)というものに分かれます。そこから冷凍食品であったりアイスで分かれていきますが、大きく分けるとこの二つです。

和日配については

和日配の種類 で解説しています。

洋日配は主に乳製品からできた商品がメインになり、牛乳、ヨーグルトが主ですが、そのほかにデザート類やジュース関係があります。

基本的に利益率(りえきりつ)という利益の指標のような考え方があるのですが、この利益率は低く設定されている企業が多く、中でも牛乳はあまり利益が出ないような設定をしているところがほとんどのようです。

私のスーパーマーケットでも牛乳は特に利益率が低く設定されており、正直言うと、補充頻度の割に全然儲からないため、儲けとして考えるとあまり面白くありませんが、売上という観点から考えると、日配部門のカテゴリで分類すると1位、2位を争う売上になるため、とても大事な位置にあります。

ただし、昨今ではなかなか牛乳のカテゴリが伸び悩んでいるところが多いようで、冷凍食品の売上や、ヨーグルトに売上で負けてしまう傾向にあり、ブームというものも発生しにくいカテゴリになります。

それでは一つ一つ細かく見てみることにします。

牛乳

牛乳には、色々な種類が存在し

  • 牛乳
  • 加工乳
  • 乳飲料

などに分かれています。

牛乳とは

食品衛生法によると無脂乳固形分8.0%以上、乳脂肪分3.0%以上と決められており、商品名に牛乳と記載できるのは、これに該当する商品しか「牛乳」と呼べないと決められています。

商品名に○○牛乳という文字が無い商品の場合、牛乳ではなく、その他の加工乳である可能性が高いため、注意が必要です。

チルド飲料

チルド飲料というのは、ほとんどの場合ジュース関係のことを指します。パック飲料などがそれに当たり、野菜ジュースや果汁飲料、またはコーヒーなどがあります。

広告


ヨーグルト

ヨーグルトは皆さんご存知かと思いますが

  • プレーンヨーグルト
  • フルーツヨーグルト
  • ドリンクヨーグルト

等があります。

プレーンヨーグルトとは

プレーンヨーグルトは無糖のヨーグルトのことを言いますが、中には「プレーンヨーグルト加糖タイプ」という名前で売り出されている商品などもあります。

このプレーンヨーグルトには、固形タイプのヨーグルトやドロドロとしたヨーグルト、濃密ヨーグルト等などがあり、ほとんどの場合「無糖」で少し酸味がある商品となりますが、これのほかに、「加糖タイプ」という商品には砂糖が入っています。

フルーツヨーグルトとは

フルーツヨーグルトというのは、その名の通り、果物などが入ったヨーグルトの事を言い、果肉などが入っているものがそれに当たります。

2個~4個入などで、売っている事がほとんどですが、良く見る商品では

代表的なフルーツヨーグルト

  • アロエ
  • ブルーベリー
  • ストロベリー
  • マンゴー

などがあります。

ドリンクヨーグルトとは

ドリンクヨーグルトというのは、飲むヨーグルトなどと呼ばれドリンクタイプなどとも言われています。文字通り、ヨーグルトを食べるのではなく、飲むことができるヨーグルトになります。

 

ここ数年では、ハードタイプよりもドリンクタイプのヨーグルトが売れているようです。

デザート

デザートには、プリンや杏仁豆腐、ゼリー等があります。

それぞれ1個~4個入の商品があり、3個から4個入の商品は主にプリンなどがあります。

 

以上が洋日配(ようにっぱい)と呼ばれるもののカテゴリーとなります。

 

広告