東日本大震災後のスーパーマーケット

震災が起こった後の各地のスーパーマーケットではかつて類を見ないような出来事が起こりました。
少し考えていればわかることだったのかもしれませんが、当時の私にはありとあらゆる知識がなかったため、全くこのような事態になることなど想像すらしてはいませんでした。

広告


東日本大震災後のスーパーマーケットで何が起きたのか

  • 発注した商品が入ってこない(売場が空になった)
  • 普段の倍以上のお客様が来店してきた
  • 需要が高まり 一家族につき一点まで という商品が増えた
  • 計画停電によりお店を停電中閉店しなくてはならなくなった
  • 従業員が家に帰れなくなった

などが挙げられます。

そもそもなぜ今ごろこのようなことを書いた理由は 災害などが起こった後のスーパーマーケット初日 で説明しています。

それ以降に変化が訪れた内容は 2日目 3日目 に書いてあります。

発注した商品が入ってこない

基本的に日配部門と食品部門は発注した翌日に納品されます。しかし、東日本大震災後は少し状況が異なりました。

発注したとしても、欠品扱いとされ納品が無く、実際に納品されるものがだいぶ偏っていました。

実際に入ってこなかった品
たまご ・納豆 ・牛乳 ・ヨーグルト ・お米

主にトレーやパック関係が品薄で、商品が作れないという状況になり、出荷できないために欠品したと当時は聞いていました。

世の中のスーパーマーケットから商品が消えたと騒がれており、大型店になればなるほど欠品は目立っていたようですが、私は当時、電車が動かなかったために家に帰らず会社に止まっていたため、世の中のスーパーがどのような状況になっていたのかわかりませんでしたが、インターネット上でも騒がれていたようです。

この様な状況になったのは、色々な要因がありました。

パックやトレーを作る工場が東北に集中していた

牛乳や納豆が欠品していた大きな理由としては、牛乳パックや納豆を入れるためのトレーなどを作る工場が東北に集中していたために、そのようなことが起こったと聞いておりました。

何日かしてから、納品数量がメーカーによって決められておりましたが、一応毎日納品するようにはなったものの、お客様の数が大変多く、全家庭にいきわたることはありませんでした。

普段の倍以上のお客様が来店してきた

震災後、毎日店のオープン前には長蛇の列が・・・
開店後すぐに入場制限を行い、お客様が店内で混乱しないように行ったり等、しておりました。

何故このようなことになったのかというと、
私たちのお店の競合店がでかすぎたからです。

でかすぎたというのは、何もお店がでかかったという意味ではなく、会社の規模が大きく、全国展開しているようなところばかりだからです。

当時の各メーカーさんがとった行動は、企業ごとに注文できる最大の数量を決めてしまったのです。

つまり、全国にスーパーを構えているような企業は、お店の数が多く、絶対数が決められた商品の数を、既存店に振り分けなければならなかったことが想像できます。そうなると、1店舗ごとの商品の数はさらに激減してしまいます。

どうやらこのようなことがあり、私が務めている規模の小さい会社では、各店に回すだけの余裕がありました。このとき小さな会社も悪くはないのだと、初めて思いました。

一家族1点までという商品が増えた

納品される品が限定的な数量とはいえ、商品自体が店に納品されるようになってからも、お客様は相変わらず開店前に長蛇の列になっており、お客様も今何が世の中で足りないのかを把握できるようになってきた頃、普段よりも多いお客様に対して、本来の発注量よりも圧倒的に少ない状況が続き、毎日のように欠品ばかりだったので、頃合いを見て「一家族1点まで」とし、販売をしていました。

それでも、やはり人気なのか、世の中で不足気味という情報をどこかから仕入れたのかわかりませんでしたが、それでも欠品・・・入れ食い状態とは、このようなことを言うのかもしれません。

計画停電により、お店を途中で閉めなくてはならなくなった

計画停電というものを覚えていらっしゃいますでしょうか?

計画停電とは
計画停電というのは、簡単に言うと、電力の供給が追い付かないため、地域ごとに、区画を分けて電気供給を止めるというものです。

私のお店でもこの計画停電の対象地域に何回かなりまして、実際にその時行ったのは、その時間帯だけの閉店でした。

当時入れ食い状態といえるほどに商品が売れていってくれていたため、売場での商品補充が追いつかなかったために、正直言うとこの計画停電はありがたかったです・・・。

閉店中に商品の補充が行えていたからです。

 

 

これらが私が震災後に体験した内容です。

広告


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です