タマゴの色の違いとサイズの違い

タマゴの色の違いとサイズの違い

よくタマゴ売場などで品出しをしていると、お客様より問い合わせがあるのが、

「どの卵が美味しいのか」

それから

「白玉と赤玉の違いはなんなのか」

という話を聞きます。

今回は 白玉と赤玉の違いについてご説明します。

広告


白玉と赤玉の違い

赤たまご

結論から言うと、違いはほぼありません

特に栄養価が豊富であるとか、そういうことではないようです。

ニワトリの種類で白い卵なのか赤い卵なのかの違いが出てくるそうなのですが、今は品種改良などが進んでいるために何の知識もない人があの見た目のニワトリが白であっちが赤。
というのはわからなくなっているそうで、中にはピンクっぽい赤い卵もあるのだそうです(私は見たことがありませんが)。

白玉よりも赤玉の方が値段が高い

ただ、赤玉の方が白玉よりも値段が高く設定されているスーパーもあります。これは、ニワトリの成長過程で餌を多く食べる割に、卵を産む数が少ない。というのが通説です。

実際に私が勤めているスーパーでも赤玉は仕入れ(原価)が高かったように感じていましたが、今ではそこまでの大差はありませんが、やはり未だに高いのが現状です。

白玉と赤玉に対するお客様の反応

私の値段設定にもよるのですが、大抵のお客様は

「安い時に安い値段で買う」

というのが私の印象で、普段から白玉を買うお客様も(価格が赤玉よりも安めの設定になっている)、特売により赤玉の方が安ければそちらを買っていく傾向にあります。

ただし、すべてのお客様がそうであるわけでもなく、白玉と決めている人であれば白を。赤玉と決めている人は、最初から赤玉を手に取っているという印象です。

広告


卵のサイズの違い

卵にはそれぞれ規格というものがありまして、

SサイズからLLサイズというものが存在しているようですが、スーパーに並ぶ卵では一般的に

  • サイズ
  • サイズ
  • サイズ

この三種類が売場に並んでいるかと思いますが、場所によってはSサイズがなかったり、Mサイズが、Lサイズを扱っていなかったりと、そのお店によっても違いますが、どれを選んで良いのかわからなくなる時があるのではないでしょうか?

卵の大きさの違いは白身部分の量である

勘違いしてしまいそうなのですが、卵のサイズの違いによって黄身の部分が大きいとか小さいとか、そう思っていたことはないでしょうか?

実際のところ

黄身の量や大きさではなく、白身の量が多いか少ないか。

です。

その程度の違いなのかと言うつもりはありませんが、卵のサイズが大きくなるにつれて値段が上がってしまうものですから、なんでLサイズは高いんだ。なんてことになってしまわないように、解説させて頂きますが、ニワトリが大きくなるにつれて産む卵が大きくなるのだそうです。

つまり手間がかかっているということなのでしょう。おそらくですが。

従業員側からすると、卵のサイズは使用用途によって使い分ければ良いという結論になるのですが、実はほとんどのお客様はこの事実を知らなかったりしますので、お客様から問い合わせなどがありましたら、そのように答えてしまって良いと思います。

広告