消費税増税を2年半延期という話を聞いて、スーパーの社員としての感想

NO IMAGE

2016年の5月28日土曜日の出来事ですが、どうやら消費税増税を2年半延期するという方針になっているそうです。

スマートフォンでそのようなニュースが送られてきました(笑)

広告


消費税増税と聞くと、まだ記憶に新しいのですが5%から8%に増税を実施した時のことを思い出します。

消費税が5%から8%になるときに行った事

POPの表記変更

まずお客様から見ても変わったなと思う事は、POPです。

まず5%の時は税込み表記だったのですが(確かそういう決まり事のようなものがあったのだと思っております)、これが税抜き価格(本体価格または本体売価)へと切り替わりました。

これはPOPの表記を税込み価格のままにしてしまうと、実際にお客様に値上げたという印象になる。というスーパー業界側からの視点でそうなったようです。

実際にPOPが切り替わった直後は税抜き価格の表記で戸惑っていたお客様も多かったことを覚えております。

広告


POPの張り替え

上記のように、POPの表示が変わることによる、売場のPOPの差し替えを行わなくてはならなくなりましたが、私の部門の商品は、約1万近くの商品数をもっており、これの差し替えはとんでもない労力だったことを今でもはっきりと覚えております。

私が務めているお店では、電子プライス(デジタルで価格表示を行うもので、デジタルの価格POP)ではないため、全て手作業・・・でした。

さすがに何日か前から実施していましたが、売場でPOPがずれていたりすると、お客様が勘違いをされてしまうため、ギリギリのタイミングでやりはじめましたが、増税実施の前日では、閉店後に5%用の価格POPを外し始めましたが、さすがに商品の数が多すぎたためにだいぶ時間がかかっていました。

その後は会社に泊まり、店舗のシステムが更新を終え、増税後の価格へ切り替わったであろう時間帯に起きて、オープン前に全ての商品の価格が8%用になっているのか、などをチェックしていました。

睡眠時間にすると1時間あったかどうかです。悲しいですね。

でも仕方がないんです。国がやるっていうんですから。

我々国民はそれに合わせるしかないのです。

消費税増税を2年半延期と知った時に私が思った事

消費税増税を2年半延期と聞くと

正直またか。

なんて思ったりしてしまいますが、正直ありがたいです。

何故なら

  1. 私の給料が増税になって増えた分上がるわけではない。
  2. POPの差し替えをしなくてもよくなる。
  3. お客様へ表記に対する説明をしなくてもよい(これは今現在8%の表記になれていれば問題ないかもしれない)
  4. お客様の商品に対する消費が減るかもしれない。

などが挙げられます。

一番厄介なのは私の給料が上がらないことなのですが、それは個人的な事なのでどうでもよいですね。

問題はお客様が商品に対して消費を抑えることになるかもしれないということです。

もしこうなってしまっては、今後のスーパー業界が心配です。このまま続けてていいのだろうか・・・

とはいえ、またまた延期とのことですので、まだ安心はできそうです。

広告