余った商品は見切ってしまった方が売上になる?

花粉症広告の品であったり、スポット品であったりと、期間が終了した頃には中途半端に余ってしまうものです。

見切り品を扱う場所がない場合には

見切りコーナーを設けておらず、どうしようもない商品が余った場合 をご覧ください。

余った品をいつまでも定番の棚で販売していたり、平台で販売していたりしても、売れ残った品というのは時間をかけてもなかなか売れないものです。

そのような時には思い切って安売りして無くしてしまうか、中途半端な数になっていた場合には見切り品として扱ってしまう方が、かえって売上や利益につながることになります。

広告


見切り品にした方が売上になるとは

これは極端な考え方なのですが、余った品というのはその値段では求めている人が少なかった。

という考えが働きます。

そのような品というのは、時間をかけてもなかなか売れるものではありません。

そういった品をいつまでも扱うということは売場スペースの無駄遣いをすることになってしまいます。

広いスペースのあるお店ならばそれも良いかと思いますが、規模の小さい店にとってそれは致命的な結果を生んでしまいます。

売場スペースの無駄遣いをしてしまう

売場スペースの無駄遣いというのは、そのスペースに商品を並べていると、新しい品や売れ筋商品の何かを削らなくてはなりません。

そうなってしまうと、本来売れる品はもちろん、売れるかもしれない商品が売場に出ていかないという現象が発生し、売上を落としてしまう結果につながることになります。

それだけではなく、売れるかもしれない商品や、単価アップのために別の品を用意することもできないために、全てとは言わなくとも、後手に回ってしまう可能性の方が高くなります。

商品は自分が思っているほど売れなくなってきた にも書いていますが、

何が売れるのかわからない世の中になってきているため、商品の入れ替えなどもやりにくくなってしまいます。

以上のことから、売上がなくなってしまうと同時に利益も下がるので、あまり良いことはありません。

見切り品で売上を作る考えは ⇒スーパーマーケットの日配部門で見切り品を発生させる をご覧ください。

広告


利益の低下はあまりない

見切り品を発生させるということは利益の低下を招く結果になってしまうものですが、見切りにしてしまう数とその部門の売上規模にもよりますが、実際のところあまり利益には影響がありません。

それよりも、本来売れる商品や売れるかもしれない商品を売らない方が、利益の低下になってしまう可能性があります。

元々利益というのは、売上がなくては得ることができないため、いつまでも売れ残った品を売場へ置いておくよりも、あっさりと見切り品として扱い、売れる品を陳列していた方が賢明です。


見切りにする数があまりにも多い場合には、値段を安く設定し、早急に売り上げてしまった方が賢明であるとも言えますが、見極めを誤ると利益として帰ってきてしまうので、常にその売場でどれくらいの金額稼いでいるか等を把握しておくと、見切りをするべきかどうかの判断が付きやすく、お勧めです。

広告


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です