土用の丑の日に恵方巻?

恵方巻

某コンビニエンスストアで見かけたのですが、土用の丑の日に恵方巻を売るそうです。

土用の丑の日と言えば、ウナギです。

スーパーマーケットとしては大々的にウナギを売る日なのですが、コンビニでは恵方巻を売るそうです。

広告


2016年の土用の丑の日

2016年の土用の丑の日は7月30日です。スーパーマーケットやコンビニなどではウナギが大々的に売り出されることでしょう。

ところがコンビニエンスストアでは恵方巻を売るようで、節分の時に恵方巻を売る風習が土用丑の日でも見られるようです。

丑の日にはウナギ

丑の日にはウナギ。

ウナギといえば高級品なイメージがありますが、夏にウナギを食べることで夏バテ解消になる。と言われています。

そのことから夏場にウナギを食べたいところですが、ウナギ自体は非常に高く、中でも国産品になると目も当てられないくらいの値段です。

私のようなお金のない人間にはとても厳しい品となっています。

節分には恵方巻

節分と言えば豆まきをするというのが一般的になっていましたが、関西から始まったとされています。

それが、何年か前に関東にも恵方巻というものがやってきました。

これによって、節分には豆と恵方巻の両方を売るスーパーやコンビニ。それからデパートが増えてきました。

さらに数年前からは、節分豆よりも恵方巻の方が売上につながるとされ、節分豆はダウントレンドになり、恵方巻がメインとなりました。

広告


2016年はウナギと恵方巻

2016年の土用の丑の日ではコンビニで恵方巻を売るということで、スーパーマーケットやデパートなどでも売り出すようになってしまうかもしれません(今年はわかりませんが)。

先ほども述べてしまいましたが、私のような人間にはウナギはとても手が届くような品ではないため、恵方巻などの価格帯ならば手が届きそうなので、そういう方たちには浸透していくかもしれません。

7月30日にどれだけの数の恵方巻が売れるのかが楽しみですね。

広告


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です