グローサリーの倉庫整理で意識しておいた方が良いこと

グローサリーの倉庫整理で意識しておいた方が良いこと

グローサリー部門の在庫というのは、ある程度の量を取っておく必要が出てきてしまうため、倉庫整理が大変です。

グローサリーについては
食品部門(グローサリーまたはグロッサリー)の仕事をご覧ください。

また、商品の発注単位などの関係上、在庫過多にもなったりする可能性があるため、やはり倉庫整理が重要になってきます。

グローサリーの在庫については
食品部門(グローサリーまたはグロッサリー)は在庫過多になりがちへ。

広告


グローサリーの倉庫

食品倉庫

グローサリーなどの倉庫は種類が豊富であることや、発注単位などの関係から、売場に出なかった商品たちが集まっているため、ごちゃごちゃしてしまいがちですが、倉庫整理の方法である程度は分かりやすい倉庫に変えることができるようになります。

中途半端な数の商品はバラしてしまう

グローサリーはケース単位の発注である商品がほとんどの企業が多いかと思います。それを売場に出なかったという理由でそのまま倉庫へ下げてしまうだけでは、倉庫が中途半端なケースだらけになってしまい、箱の支えが弱くなり積むことができず倉庫のスペースを無駄に使用してしまうことにもなります。

また、そのケースの中には何が何個入っているのかを把握できなくなり、発注担当者も在庫を把握しにくくなってしまいます。

もし、違う商品まで入っていたらさらに大変です。

そうならないためにも、中途半端な数になった場合には思い切ってバラ管理することで、そういった問題はある程度防ぐことができます。

また、バラで管理することで一目で在庫の数を把握できるようになるのでこのやり方はお勧めです。

同じ商品は同じ場所へ

管理する倉庫や管理方法など、それぞれの企業(またはお店)で変わってくるので言い切ることはできませんが、基本的には同じ商品は同じ場所へ。と言われています。

同じ商品を同じ場所へ積み重ねることで、在庫量の把握などが容易に行えるため、発注担当者にもやさしく、管理面でも役に立つ手法とも言えます。

広告


どこから見ても何がどこにあるのかをわかるようにする

先にも述べましたが、

  • 中途半端な数の商品はバラしてしまう
  • 同じ商品は同じ場所へ

これ等を意識して倉庫整理するのと同時に考えておくと、より在庫管理がしやすくなります。

それは、

どこから見ても何がどこにあるのかをわかるようにする

です。

それを意識して整理していると、そのスペースを横切っただけで何があるのかがわかるようになり、発注時なども在庫確認を行う時間を短縮できたり、新しいバイトなどが入った人でもすんなりこなすことができるようになります。

倉庫整理で意識した方が良いこと

中途半端な数の商品をケース管理にしておくと、何がいくつ入っているのかというものもわからないため、

中途半端な数の商品はバラしてしまう。

同じ商品は同じ場所へ集めるようにする。

どこから見ても何があるのかを把握しやすくする。

これ等を意識しながら整理することで、その後の効率を上げることができるようになります。

広告