スーパーマーケット業界が求めている人材

スーパーマーケット業界が求めている人材

大手などでは、若い力を欲していたりするので、新卒採用などを行っていたりするものですが、小さい規模のスーパーではお客様の対応であったり、電話対応であったりと、一から社員教育を行うよりも、社会人として慣れている30代から50代の人でも十分に採用される可能性があります。

スーパーマーケットの業界に転職を考えている方は ⇒実際にスーパーマーケットの正社員ってどうなの?

広告


何故、新卒よりも中途採用なのか

新卒採用にはコストがかかると言われています。

昨今のスーパーマーケット業界では、人材不足に悩まされているものです。人材不足が深刻になり、新人教育にも余裕のないこの業界では、新卒者よりもある程度社会人としての経験があり、更には理解のある人を欲しています。

ただ、全く新卒者を採用しないかと言うとそうではなく、前途の理由でもあるように人材不足が深刻化しているため、若い力も欲しているのは事実ですので、新卒採用に力を入れている企業も存在しています。

広告


ある程度理解のある社会人

中途採用者には、社会人としての経験があるため、一から教育することがほとんど必要がないため、即戦力として雇うことができたりします。

世の中ではある程度の年齢へ到達してしまうと、採用では不利になるとされていますが、スーパーマーケット業界であれば、他業種と比べると採用されやすい傾向にあるようです(2016年7月現在)。

また、他業種でやってきた経験もあるため、スーパーマーケットの業種には直接関係がなかったとしても、お客様の思考やマーケティング。純粋なお客様目線ができたりすることも考えられます。

中途採用者には会社に対する理解も持っている

もちろんすべての人に当てはまるとは限りませんが、中途採用者には会社に対する理解も持っているため、新卒採用をするよりもリスクが少ないという考え方もあります。

例えば、長時間の労働に対する理解です。

スーパーマーケットの長時間労働については ⇒長時間労働を乗り越えられる理由などをご参考ください。

こういったことでも、理解がある人材というのはこの業界ではだいぶ助かるのではないでしょうか。

出世に対する意欲もある

出世に対する意欲は新卒者にもあるかもしれませんが、実際に「出世する」というものを体験したことのない新卒者は、具体的にどのようなことをすれば良いのかがわからないものです。

中途採用者はこの場合と違い、経験があるため容量よく仕事を進めることもできるため、この業界になじむ術を知っています。

それが結果的に早い段階で戦力になってくれるので、企業側もリスクが少なくて済むようになります。

まとめ

スーパーマーケット業界は人材不足が深刻であるために、年齢に関係なく採用されやすい業界になりつつあり、会社は即戦力を求めていたりもするので、どのような年代でも転職しやすい業界にあります。

ただし、会社側はリスクを限りなく減らしたいため、やる気を見せておく必要があります。

広告