8月5日は「発酵の日」

皿納豆

スーパーには様々な仕掛けがあるものですが、○○の日というのは売場を活性化させるため、売場変更をさせるためのネタとして、とても扱いやすいものになっています。

○○の日というのは、世の中に探せば山のように出てくるものですが、スーパーに関係のある8月5日は「発酵の日」なのだそうです。

まぁ語呂合わせでしょう。

広告


「発酵の日」とされているのなら発酵食品を展開させる

○○の日。

わざわざこれを謳っているからには「発酵食品」をメインに売場へと押し出していきたいところです。

発酵食品とは

「発酵の日」と言うからには、発酵食品には何があるのかを知らなくては企画をすることはできません。

まずは発酵食品とは何かについて考えてみたいと思います。

発酵食品とは
発酵食品というのは、モノを発酵させた食品のことを言います。

カビや酵母の力によって発酵されますが、その正体は微生物で、人間の身体に良いとされる働きをしてくれるため、健康的な食品としても有名なモノが多いです。

広告


発酵食品の種類

発酵食品の代表的な商品として

発酵食品の種類

  • ヨーグルト
  • チーズ
  • 漬物やキムチ
  • 味噌
  • 醤油
  • 納豆
  • 酒(みりんなども含む)

実は数を挙げるとキリがないので、代表的なものをご紹介しました。

しかし、中にはこんなものが? と驚くようなものが多いですが「発酵の日」として扱うに相応しいものを並べてみました。

「発酵の日」として展開できる商品

「発酵の日」として展開しやすいカテゴリーは、グローサリーであれば醤油や味噌。日配(チルド)で言えばヨーグルトやチーズ。乳酸菌飲料など。和日配では漬物や納豆などがありそうです。

ぜひ「発酵の日」では、これ等を集合陳列してみてはどうでしょう。

広告


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です