買上個数が上がると非効率になる?

買上個数が上がると非効率になる?

何年か前は、

単価が高い商品でも売れると言われていました。

広告


事実その通りで、お客様はその商品が安いから売れるというわけではなく、単価が高くても買うお客様は居る。という状況でした。

しかし、最近では単価が高い品は売れにくくなっていると言われています。

それなら安い品を売るようにしようという考えが働くと思うのですが、単価の低い品を中心に売っていくと非効率になってしまうのです。

その理由は、買上個数が上がるからです。

広告


買上個数を上げるという考え方

買上個数が上がるということは、お客様からそのお店または部門が支持されているという考え方があります。

お客様からそっぽを向かれているお店や部門では、そもそも買い物をしようと考えないため、商品が売れるということは、気になっている商品であったり、必要な商品であったりするであろう。という考え方です。

買上個数が上がると非効率になる

買上個数を手っ取り早く上げるための手法として、安売りというものがあります。

安売りをすることで普段よりも多くその商品を売ることができるため、売上に困った時にはもっとも有効な手段の一つとされており、またお客様からの支持を得やすく、お店を活気だてることもできます。

これ等を行う事でお客様の支持を得られるという考え方がありますが、買上個数が増えると効率が下がってしまうのです。

補充回数が増える

買上個数が上がるということは、その分商品が売れていくという事になるため、補充の回数が増えてしまいます。

補充頻度に見合った売上になってくれれば良いのですが、単価が下がっている分普段よりも補充しているにも関わらず、その商品だけで見ると大した売上になっていない場合もあるため、そこに時間を使っている分作業効率が落ちてしまいます。

見切り商品が増える

日配品(チルド品)などは日付が持たない品が多く、お店自体にお客様が少ない日などにそれを行っていたりすると、大量の値引きと廃棄を行わなくてはなりません。

そのため、そこに人員を使ってしまうために作業効率が悪いです。

レジでお客様を流す時間がかかる

以前の記事 ⇒人材不足が深刻なスーパーはどうなっていくのか でも軽く説明しているのですが、レジの人員不足は深刻になっているようです。

そのため、レジがフル稼働しないお店も多く、結果的にお客様を待たせてしまう結果にもなるため、買上個数が増えていくとレジでお客様を流す時間がかかるようになり、お店全体でも悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

 

 

作業効率を上げるためには、買上個数を上げる工夫が必要になってきそうです。

広告