JANコードが変わる原因。その理由

チェンジ

売価変更や商品をレジに通す時「商品未登録」などという言葉が出てきたりして、焦ったり余計な仕事が増えてしまったりした経験はないでしょうか?

そもそもそういった原因はどういったものがあるのでしょう。

広告


商品未登録の原因
  • 見積もりの段階でJANコードが違っていた
  • 商品登録時にJANコードを間違えて登録した
  • JAN変更が行われた

以上の事が考えられます。

広告


JANコードとは?

そもそもJANコードというものはなんなのでしょうか。

JANコードとは、いわゆるバーコードに割り振られた番号の事を言います。これは13桁の番号で表現すると決められており、

サイズの小さい商品などは短縮コードなどと言って、8桁で表現されています。

JANコードには、

  • 国を表すコード
  • 企業(製造メーカー)コード
  • 商品コード
  • チェックデジット

で構成されています。これ等を組み合わせて13桁であったり8桁を表現されており、最後の末尾にチェックデジットと呼ばれるバーコードの誤認証を防ぐためのコードになっています。

国を表すコード

国を表すコードとは、その製造国それぞれに割り当てられたコードの事で、日本では45と49から始まります。日本のメーカーの商品を見比べてみるとわかりますが、45と49から始まっているのがわかります。

企業(製造メーカー)コード

企業(メーカー)専用のコードになっており、45や49の後から続いている番号がそれに当たります。企業コードは7桁あると言われており、45と49の後から7桁までが企業コードです(13桁のJANコードの場合)。

もちろん、企業それぞれに別々のコードが割り当てられています。

商品コード

これは企業が勝手に割り振ることができるコードであるとされています。企業コードの後の3桁が商品コードです。

商品が違う場合には、違う番号を。

同じ商品であっても、色やサイズが違うだけでも別のコードにしなくてはいけないというルールがあります。

JANコードのルール

JANコードは商品自体に変更が無い場合、番号が変わる事はなく、常に同じ番号を使用します。

JANコードは番号が同じである場合には同じ商品として扱うという決まりがあります。

パッケージ変更などが行われた場合、同じ商品なのかどうか迷った場合には、JANコードを見る事で同じ商品なのかどうかを判断することができます。

ただし、商品そのものの内容が変わる場合には、JANコードを変更しなくてはいけないというルールもあるため、細かいリニューアル等を行った商品はJANコードを変更しなくてはいけません。

 

商品リニューアル等が行われた商品は、ほとんどがJAN変更をしていると思っておいた方が安心です。納品後売場へ陳列する際はJANコードに変更がなかったのかをしっかりと確かめる必要がありそうです。

広告


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です