毎月23日は「天ぷらの日」

毎月23日は「天ぷらの日」

スーパーに勤めていると、何を売って良いのかがわからず、テーマ性を持たせるエンドや平ケース(平台)に何を並べ、どのようにお客様へアピールして良いのかで悩んでしまい、それ自体に時間を使ってしまうという経験をしたことはないでしょうか?

エンドについては⇒エンドには時間がかかるために人を使う

そういった場合に便利なのが「○○の日」です。

広告


毎月23日は「天ぷらの日」

天ぷらというと、惣菜部門などを思い浮かべるものですが、私の部門でも十分にそれをテーマとして持たせる事ができます。

私が担当している部門は⇒スーパーマーケットの社員がブログを立ち上げる

主にグローサリー関係などでテーマを持たせる事ができたりしますので、エンド展開などで使えそうです。

チルドなどでもテーマを持たせるのであれば、麺関係で天ぷらと一緒になどの文句で平台等で展開ができます。

「天ぷらの日」に使える商品

広告


天ぷら関係であれば、お盆などの企画で各企業のチラシ等でよく見かけますが、グローサリーやチルド(日配)部門等で使えそうな品をご紹介します。

天ぷらの日をテーマにしたグローサリーの商品

天ぷらというと、お盆などのチラシを見てもらえればなんとなくわかりますが、

 

天ぷら粉

つゆ

乾麺類

 

などがありますが、必要に応じて固めて油のような商品やキッチンペーパーなども企画しても面白いかもしれません。

油や天ぷら粉などは普段、定番商品で取り扱っているような品であれば良いですが、この企画に乗じて「つゆ」や「塩」などは少し値段が高めの品であっても売り方次第では十分に売り上げを確保することができます。

「天ぷらの日」を利用した日配品(チルド)

蕎麦やうどん等の麺関係を利用するとテーマとして使え、さらに麺類であれば各メーカーから色々な品が出ているため、アイテムで困るような事はありませんが、単日の企画になるため発注数には注意が必要です。

同時に一味や七味等や薬味関係なども同時に売り込む事が見込めます。


この様に、○○の日等を利用することによって、色々なテーマを生むことができるため、商品を決める際にはぜひ○○の日を利用することをお勧めします。

広告