スーパーマーケットの社員をしていて面白いと感じるところ

スーパーマーケットの社員をしていて面白いと感じるところ

どのような職場でも面白い事や辛い事などがあると思いますが、私がスーパーマーケットの社員として面白いと感じるところなどをご紹介いたします。

まぁ正直職場にもよりますが・・・
広告


スーパーマーケットの店員の仕事

面白いと感じるところをお話しする前に、スーパーマーケットの店員というのはどのような事をするのかを改めて考えてみたいと思います。

生鮮部門

生鮮部門は主に「水産」「食肉」「青果」「惣菜」などがあります。

これ等の部門には主に加工という作業があり、お店で魚を捌いたり肉を切ったり野菜をカットしたり弁当を作ったり等のことを加工作業と呼んでおり、この作業には人手が必要です。

そのため、生鮮部門には人手が必要になることから、ある程度高めの利益率を設定されており、原価から値段を決めたり在庫管理、その他管理面を任されるのが社員の仕事です(場合によってパートなどにやってもらったりします)。

グローサリーやチルド(日配)部門

グローサリー日配部門は主にメーカーから仕入れた品を陳列する作業が主になります。

生鮮部門との違いは加工作業がないため、他の部門と比べると人手を必要としません。そのため、お店側としては高利益が期待できる部門です。

中でも日配部門(チルド)は商品が高回転するため、商品一つに対する利益率が低くかったとしても加工作業が無い分、人手を必要としないために利益が出やすい部門になっています。

社員の面白み

私の部門はグローサリーと日配部門(チルド)が主になっているため、私が担当している部門の面白みになってしまいますが、いくつか面白いと感じられるところをご紹介します。

商品や売場を自由に決められる

担当者は扱う商品や売場構成を自由に決めることができます。

もちろんこれは会社の政策であったり、店長に権限があったり等をすると中々思い通りにはいきませんが、基本的には担当者が決定することができるため、そこに面白味を見出すことができます。

例えば、こういう商品が無いから取り扱ってみようと思って商品を仕入れてみたり、この商品はここに並べてみよう等、担当者が自由に売場を決めることができるのです。

自分が考えた結果、売上が上がるなどの変化が起こると面白みを見出すことができます。

広告


担当者によって考え方が違う

もちろん全て自分の思い通りにできるとは限りません。

上司がこのようにするというのであれば、その通りにしなければいけないでしょうし、人事異動などで上司が変わればやり方も変わるため、担当者はその都度やり方を変えなくてはいけなくなってしまいますが、他の人の考え方を自分に取り入れることもできます。

売場でオリジナリティを出せる

売場でオリジナリティを出せるというのは、お店で扱える商品や売場構成を自由に決めることができるわけですから、何かテーマを持たせたり、自分のお気に入りの商品を一つのコーナーにまとめてしまったり等によって、担当者のオリジナリティを売場へ反映させることができます。

ただの自己満足で終わってしまうパターンもありますが、お客様が購入してくれることによって売上が上がったりすると、やる気も上がります。

 

自分のスタイルを売場へ反映させることができるため、結果として数字に反映してくれれば面白いと感じられる業種です。

広告