10月31日は「ハロウィン」

10月31日は「ハロウィン」

ハロウィンがここ日本で盛り上がり始めたのは、数年前の話です。

それまでは商品もハロウィンパッケージというもの自体はありましたが、ここ数年でハロウィンの仮装が流行っているなどの理由からいきなり人気の行事になってしまいました。

そのおかげで、各メーカーさんでも「ハロウィンパッケージ」として様々な商品を売り込もうとしています。

これ等のおかげで我々スーパーからしてみれば、売場も作りやすいのでやりやすい企画であることは間違いありません。

広告


ハロウィンとは

スーパーに働きだすと、自分の時間がなかなか取れないためにテレビなどを見なくなる人が多いので、ハロウィンと言われても実際にどんなものなのかを知らない担当者の方も多いと思います。

広告


 

ハロウィンというのは、元々秋の収穫を祝うと同時に悪霊を追い出すために行われる儀式のようなものです。

お盆などによく似ているとされているハロウィンですが、外国では仮装した人たち同士で記念撮影をしたり、子供たちが近所にある家を訪ねていって「トリックオアトリート」などと言ってはお菓子をもらっているようです。

ハロウィンは日本でも盛り上がってきた

数年前からハロウィンは急に日本で定着されてきました。

現在日本でも仮装した人たちがお祭り気分で街中を歩いていたりするそうです。

ニュースなどにも取り上げられ、各メーカーも色々な商品を「ハロウィンパッケージ」と称してパッケージ変更を行って販売してます。

ハロウィンで使用される商品

ハロウィンの商品はその特性上、菓子部門の商品がほとんどですが、飲料などにもパッケージ変更された商品が増えてきました。

特設コーナーを設けているところも

お店によっては特設コーナーでハロウィン関連の商品を1か所に集めて販売しているところもあります。

入口付近の目立つ場所で陳列されていたり、レジ前などお客様が集まる場所で展開しているスーパーが多く見られます。

似たような商品ばかりになってしまう

ただし、ハロウィン関連の商品で使用される色はほとんどが紫であったりオレンジ色であったりするので、何がどの商品なのかがわかりにくくなってしまうという面もあります。

パッケージにはジャックオーランタンとおばけのキャラクターの絵が描いてあったりもするので、もともとが何の商品なのかがわかりにくいパッケージも中には存在しているので、陳列時にはわかりやすいように並べてあげるとお客様に親切かもしれません。

 

大変企画しやすいハロウィンですが、商品のパッケージなどはどこのメーカーの商品でも似たようなものになってしまっていますので、商品選定をしっかりと行う必要がありそうです。

広告