売場には売れる場所と売れない場所が存在している

精肉売場

皆さんは売上げが悪い時、どのような事を考えるのでしょうか。

商品が売れないだとか売り方が悪いからだとか、場合によってはやる気がないからなどと思われてしまうこともあります。

確かに商品がその店舗に来るお客様にマッチしていなければ売上は厳しくなってしまいますし、売り方が良ければそれなりの反応を示してくれるため、売上げを作ることは可能です。

しかし昨今では大量に商品を仕入れて大量に陳列すれば売れるという時代ではなくなってきているのが現状になってしまっています。

大型の店舗ではそのようなことがまだあるのかもしれませんが、小規模のスーパーではなかなか難しいのではないでしょうか。

広告


今回は大量に商品を仕入れる事をせずに、売上げを作っていく方法をご紹介します。

売場には売れる場所と売れにくい場所がある

売場には売れる場所とそうで無い場所が存在しています。

長いこと担当者をやっているとだんだんとそういうことがわかってくるものなのですが、経験の浅い担当者には意外とわからないという人が多いようです。

実際に売れる場所に商品を陳列しているとどのような品でも売れてくれたりします。

逆にどれだけ売れるような商品であっても売れない場所に陳列されているとそれなりの売れ方にしかならない場所というものがあります。

広告


売れる場所売れない場所というのはお店によって違う

売れる場所と売れない場所の特徴というものはある程度存在していたりします。

たとえば入り口に近い位置であったりだとか、レジに近い位置にあるとかある程度共通している部分がありますが、全てが当てはまるかというとそうではありません。

あるお店では入り口付近が売れるが、別の店舗では入り口付近では売れないなど、お店の構造によって異なるようです。

人事異動などによって所属する店舗が変わった際には引き継ぎの段階で確認しておくと良いでしょう。

人事異動については⇒人事異動の内示(ないじ)が出たときに確認しておきたい事

売れないと思っている場所でも売れる場所は存在する

実は売れにくい場所の中にも売れる場所というものは確かに存在します。

その一角では売れないと思っていても、その隣に陳列していると気がつかないうちに商品が売れるということは珍しくありません。

そういった場所を一つ一つ見つけていく事が売上げを上げるための一つの策になります。

色々と試してみる事で見えてくるものもあるかもしれません。

売れない場所を売れる場所に変えてしまう

売れない場所を売れる場所へ変えてしまうという考え方があります。

その店舗の中で売れる商品をあえて売れない場所へ陳列をするという方法です。

もちろん売れない場所なわけですから売れなくなってきてしまいますが、根気よくやっていくことで売れる場所へ変えていく事ができるようになります。

ただし注意しなければいけないことは、根気よく継続して行わなければ中々思ったような結果が生まれないために冒険となってしまいますが、そのような事をしっかりと行う事で売場を育て上げる事が可能になります。

売上げが中々上がらずに困ったときはそういうことにも挑戦していくことが重要です。

広告


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です