売れる商品がわからなくなった時に考えておきたいこと

売れる商品がわからなくなった時に考えておきたいこと

生鮮部門ならばともかく、チルド部門であったりグローサリー部門であると他の部門とは異なり商品の数が膨大になります。

取引するメーカーさんなども膨大なため覚えるのが大変なのですが、その店舗で売れる店というものはだいたい決まっているものです。

もちろん売れる品なわけですから、担当者は一生懸命その商品を売ろうとします。

そうやって売れる商品なので当然売上に多大な貢献をしてくれるのですが、困ったことにそういった品というものは様々な要因によって年々売れなくなってくるため、担当者はその都度頭を悩ませてしまい、売上不振が続くと今度はどうでも良くなってきて、来月がんばればいいや。となってしまうのです。

広告


それでもやっぱりあきらめたくはないので、やはり売上を考えなくてはなりません。

そんな時に思うことが

今まで売れていた品が売れなくなってきた、どうしよう。

 

です。

 

商品が膨大である以上、売れる品は必ずあるはずですので、まずはその売れる品というものを見つけなくては売上はなかなかあがりません。

もちろんそのときの客数等などの影響によって売上が上がったり下がったりしてしまいますが、できる限りのことは担当者である以上はやっていきたいものです。

しかし、何をやっても売上が上がらない時ってありますよね?

そんな時は自分が「買いたい」と思った商品を仕入れてみるというのが一つのやり方です。

新規取り扱い商品を納品するのならまずは自分が買いたいと思ったものから

その商品が売れる売れないは関係なく、商品のかずというものは膨大に存在しています。

その中で売れる商品というものはさらに限られてきてしまうのですが、実際に何を売っていいのか迷った時には色々な商品を取り扱ってみて、売れる品と売れない品に仕分けて起きたい所なのですがチルド部門の場合には見切りになってしまうため、在庫にはならないのですがグローサリー部門になるとそうはいきません。

見切りについては⇒スーパーマーケットの日配部門で見切り品を発生させる

在庫については⇒食品部門の発注は注意しないと在庫過多になりやすい

グローサリー部門の場合には在庫がはけずに売場で埃をかぶる事になってしまいます。

広告


一度に新規商品を納品してしまった方が比較的早く売れる商品と売れない商品というものがはっきりとわかるため、早期に売上対策が可能ではありますが、売れない店の場合ではそういうわけにはいきません。

そういった場合にはまず、自分が買いたいと思った商品から取り扱うのが良いです。

自分が買いたいと思った商品はお客様も買いたい商品である可能性がある

だいたいの場合

「こんな商品誰が買うのよ」

などと思ったりする商品はやはり売れない商品である場合がほとんどです。

実際にそう思ったということはお客様もそう思っている事がほとんどで、今の(2017年現在)消費者は自分にとって必要のないものは買わないと言われています。

自分が欲しくもない商品は見向きもされないといった事が考えられるため、まずは担当者としてではなく個人的にお金を出してでも買いたいと思える商品を仕入れるのが良いでしょう。

広告