スーパーの正社員がしんどいと思う理由

スーパーの正社員がしんどいと思う理由

スーパーの正社員は正直に言うと誰でもできる仕事だと思っています。

そのため入社までのハードルも低く、非常に入りやすい業種であると言えるのでは無いでしょうか。

特別な技術を必要としないということは、前提とする知識がなくても入社することが可能です。

だいぶ前の話ですが、以前このような記事を書きました。

以前の記事⇒実際にスーパーマーケットの正社員ってどうなの?

今回は、スーパーマーケットの正社員がしんどいと感じる部分をご紹介します。

スーパーマーケットの正社員がしんどいと感じてしまうところ

スーパーマーケット業界は小売業でありますが、サービス業でもあると感じています。

商品を売るということは当然である業界として、お客様と接客をしなくてはいけない業界です。

接客業とも言われるかもしれません。

普段日常生活をしていて、我々食品スーパーというものはなくてはならない存在だと個人的には思っていて、正直なところお客として他のスーパーを訪れる場合には休日があっては困ります。

これは企業側も理解していて、お客様のためにと年中無休で営業をしているスーパーも数多く存在しているというのが現状です。

お店には休日というものがないので、従業員が一斉に休むという日はありません。

勤務シフトはローテーションで組まれるため、通常のサラリーマンである休日とは違う日にお休みというのが普通なのです。

働きたいと思うお店があるのであれば、営業時間などに注目してみるとわかるのですが、大体遅い時間まで営業しているところが多いのでは無いでしょうか。

都心やそこに近い場所に店舗を構えているところでは、22時から翌日1時とか2時までの営業時間が普通だったりします。

開店時間も9時から10時などというところもあるようですが、場所によっては24時間営業などもあるくらいです。

正社員に限らずアルバイトやパートナースタッフなどはこの時間帯からローテーションでシフトが組まれていきます。

広告


スーパーの社員は長時間労働である

営業時間が例えば10時から翌日の2時であったとします。

実際にお店がオープンしてから商品を陳列するということはなく、開店時間前から作業を始めます。

加工業務のある生鮮部門などでは、10時の開店時に商品をそろえなくてはならないためにその時間より前から作業を始めることになり、お店の規模にもよると思いますが大体1時間前から2時間前より出勤して作業を始めることになるのです。

そうなると単純な計算ではありますが、8時から9時より作業の開始となります。

部門によってはもっと早くから作業を始めることになるでしょう。

しかし、営業時間が短くても長くても関係なくお客様がゼロという時間帯はありません。

そのため売場のメンテナンスを行わなくてはいけないのです。

商品の補充を行わなくてはならなかったり、お客様からの問い合わせなどには必ず何かしら答えなくてはなりません。

さらに営業中はお店には責任者をおかなくてはならないために、社員は開店時から閉店までの時間の間誰かしら居なくてはならないのです。

こういった理由からスーパーマーケット業界はブラック業界と言われています。

割に合わない給料

技術職とは違い誰でもできる業界ということで、技術職とは異なる年収になりがちです。

その割には長時間労働などを行うため、サービス残業などが当たり前になってしまうことが多く、時給換算にしてしまうと大変なことになるなんてことも・・・。

参考までに以前書いた記事をご紹介します。

以前書いた記事⇒スーパーマーケットの店員の年収が気になる方へ。私の場合

これもだいぶ前に書いた記事になりますので、これよりも今現在は増えてはいますが、やはり責任なども増えてくるため割に合うかといわれると疑問が浮かぶというのが本音です。

会社側からするとサービス残業はあくまで自主的に行っている物であり、超過した分の残業代は基本ないと考えて良いでしょう。

さらにこの業界は意外と根性論がまかり通ります。頑張れば頑張るほど売上げが上がると思い込む節があって、その頑張るというものが長時間労働につながる場合も多々あります。

しかし給料が増えることはありません。こういったことに嫌気がさして仕事を辞めていく社員も多いというのが現状です。

立ち仕事で長時間労働で身体に負担が来る

私が若いうちにはあまり気にならなかったことなのですが、長時間労働などを続けていくと意外と身体にガタが来てしまいます。

日中は商品の補充などが多く、事務的な業務もこなしながらお客様への対応などをしていかなくてはなりません。

普段自分の仕事をこなそうとしているところに、お客様の対応が間に入ってくると当然ながら自分の作業が滞ってしまいます。

お客様の対応も基本は立ちながら行うため、自分の作業を含めほぼ一日中立っていなくてはいけません。

体力的な部分で言えばすぐに慣れるので、問題はありませんが長時間労働などを続けていると徐々に足腰に負担がやってくるようになります。

これが蓄積疲労という形で体中に現れるようになると、まともな考え方が生まれるようにはならなくなり、冷静な判断ができなくなることもあります。

理不尽なクレームにも対応しなくてはいけない

クレームの大半はこちらのミスの場合が多いというのは事実ですが、中には明らかにお客様が悪い場合などもあります。

そういったことに対しても弱い立場なのはお店側です。

中には怒鳴ったり暴れたりする人もいたりします。あまりにもたちが悪い場合には警察を呼ぶこともしばしば。

こういったものは地味に我々の精神をすり減らす原因の一つと言えるのでは無いでしょうか。

偉くなってもやることは一緒の場合がある

通常のサラリーマンであれば、偉くなると同時に仕事量が一気に変わり責任なども増えてくるものです。

しかし、スーパーマーケットの社員の場合には、ヒラ社員であっても責任が最初からつきまといます。

誤解を解いておくと、新入社員の間はこのようなことはありませんので、安心してください。あくまで慣れてきたヒラ社員という意味です。

これが主任クラス(チーフ)になったり副店長、店長などになったとしても、やることはヒラのころと同じことをしています。

ただ会社からは更に責任のある仕事を要求され、仕事だけが増えていくようなイメージです。

上が詰まりやすく下のものがいつまでも偉くなれないことがある

会社が決めるそれぞれの役職には限りがあります。

店舗でいえば主任であったり店長であったりするわけですが、店舗数がいつまでも同じままであると基本的には同じ人がいつまでも店長をやっていたり主任をやっているなんていうことは珍しくありません。

しかし売上げ不振が続く昨今の業界では、なかなか店舗数を増やせないところが多々あるのが現状なようです。

大手スーパーであればどんどん出店してくるとは思いますが、小規模のスーパーが新規出店するためにはそれ以上に慎重にならなくてはならず、いつまでも出店できないなんていうことも多いのです。

そのため、やる気に満ちあふれ、上を目指すために毎日がんばっている物からある日突然気づいて辞めてしまう人もいます。

休日出勤が多い

店舗を運営していくとなると、社員だけでは人数が足りません。そのためアルバイトやパートナースタッフを雇うのが当たり前となっていますが、会社がその店舗の人件費などを削りたい場合には真っ先に社員の数を減らします。

削られる側の社員は、人事異動という形で売上げ見込みや人での居ないお店に回されていきます。残った側の社員は現状居るアルバイトとパートナースタッフと共に店舗を任されます。

ここでアルバイトやパートナースタッフが急遽休みが欲しいなどとなると、代わりがいなくなるため社員が休日出勤をしなくてはならなくなってしまい、貴重な休みが削られていくのです。

こういったことに嫌気が刺す人も多く、やはり辞める結果となっていきます。

人事異動が多い

新規出店での人事異動ならば、会社のためになるということで割り切ることもできるかもしれませんが、人手が足りないお店に回される事が多く、ひどいと1年のうちに何回も別の店舗で作業をしなくてはならないという人も居ます。

せっかく自分の生活スタイルに慣れてきたころにまた別の場所で・・・なんていうこともよくあるのです。

まとめ

基本的にスーパーマーケットの社員は長時間労働が当たり前と思っておいて良いのではないでしょうか。営業時間が長かったりすると尚更です。

スーパー業界がブラックな業界であるといわれる部分の一つですね。

ただしんどいと思う部分はこういう部分だけでは無く、休日が無かったり休みも不安定だったりいつまでたっても偉くなれないことの不満などで辞めていく人も居るのです。

これから働き方改革などと言うことで法律が変わりつつありますが、それに対応できる業界なのか・・・

気になるところですね。

広告