社員としてのお役立ち情報

1/2ページ

効率のよい棚替え(レイアウト変更)の方法とは

  • 2016.08.12

売上が悪い時が続いていたり、競合店に合わせて店内のレイアウト変更を行うことが決まったり、季節が変わったり等により棚替えやレイアウト変更を行うものです。 広告 棚替えには、自分が思っているよりも多くの時間を消費してしまいます。 営業中に行うのであれば、お客様の邪魔になるのはもちろん、本来売れるべき商品が売れないなどの機会ロスなども考えられるために、じゃあ閉店してからやろうものなら自分たちの睡眠時間を […]

ポイント○倍セールの時には安売りが良い

お客様一人が何円分の買い物をしたかということを客単価と呼んでいます。 広告 客数が前年並みであり、客単価が前年以上の数字をはじき出していると、売上が上がるというのは理解しているかと思いますが、売上を上げるためには、この客単価を上げる工夫が必要になってきます。 高い商品と安い商品どちらが良い? 手っ取り早く売上を上げるのならば高い商品をより多く売っていく方が売上にはつながります。 しかし、ここ数年で […]

補充による機会ロスを防ぐためには時間帯によって売れる商品を把握する事

人が居ない。 補充が追いつかない。 などの悩みは担当者であれば常に抱えるものです。 お店の規模によって異なるとは思いますが、時間帯によって売れる商品を把握することで、補充効率を多少なりとも上げることができるようになります。 部門担当者は本音を言ってしまうと 少ない労力で売上と利益を向上させることを理想としています(たぶんですが)。 ただ、あれも補充。これも補充。 というのが担当者の現実です。 どこ […]

余った商品は見切ってしまった方が売上になる?

広告の品であったり、スポット品であったりと、期間が終了した頃には中途半端に余ってしまうものです。 見切り品を扱う場所がない場合には ⇒見切りコーナーを設けておらず、どうしようもない商品が余った場合 をご覧ください。 余った品をいつまでも定番の棚で販売していたり、平台で販売していたりしても、売れ残った品というのは時間をかけてもなかなか売れないものです。 そのような時には思い切って安売りして無くしてし […]

以前に流行っていた異常値づくりとは何か

かなり昔の話となりますが、異常値という言葉を聞いたことがあるでしょうか? これは全国の(とは言っても一部の企業ですが)スーパーマーケットで流行っていたものです。 この異常値づくりという言葉を生み出したのは こちらの本 を書かれた方が生み出したのではないかという説がありますが、本当のところはわかりません。 広告 異常値づくりとは 異常値づくりと言うのは、企業によって解釈は色々あったかもしれませんが、 […]