社員としてのお役立ち情報

2/2ページ

陳列時のレイアウトは基本的に縦にする

よく部門の担当者は他のスーパーを覗きに行くことがあると思いますが、それは競合店の視察であったり、扱う商品の参考にしたりと様々だと思います。 その時にふと気が付くのが、どこのお店でもカテゴリーごとに縦割りの陳列になっていることに気が付いたでしょうか?   売場には担当者の癖というか意思というものが反映されると言われており、レイアウトが縦になっているのにももちろん考えが働いています。 広告 […]

見切りコーナーを設けておらず、どうしようもない商品が余った場合

  • 2016.05.05

広告や本部から送られてくるスポット品では大体が中途半端に残ってしまうものです。 エンドなどに陳列されていた商品が広告期間を終えてしまい、単純に広告品の残として、定番品でもなく棚にすら入らなくなってしまった場合というのはかなり厄介だったりします。これがまとまった数残ってしまった場合などは、そのままエンドで継続(多少の安売りはするかもしれませんが)することで解決できそうなものですが、中途半端の場合には […]

重たい荷物を軽く持つ方法や楽にもつことで作業効率を上げる —食品部門

  • 2016.04.25

食品部門(グローサリー部門)には重い荷物ばかりだったりします。これが菓子部門だったりすると話は変わってくるかもしれませんが、食品部門には和調味や油や缶詰など一個一個は重くなくてもこれがケース単位となると、とても重くなってしまいます。 和調味などの場合には1本あたり1000mlの品が大体の売れ筋商品だと思いますが、1本だけ扱うなどでしたら問題はないかと思います。 しかし、この商品が売れ筋商品である場 […]