スーパーマーケットの社員

2/6ページ

野菜が高騰した時に売れる商品

どうも8月後半あたりから天候不順が続いていますよね。 9月に至っては梅雨でも何でもないにも関わらず各地では台風の被害が頻発している状態でした。 こういう時には野菜の相場が一気に上がっていく傾向にあります。 そのため10月現在では野菜の相場が上がるという現象が起こりました。 私が担当している部門は⇒スーパーマーケットの社員がブログを立ち上げる 野菜の相場が上がってくると私が担当している部門の商品が売 […]

売上が悪くなって従業員の人数調整が行われるとしわ寄せは残されたものに

売上が悪くなるとまず考えなくてはいけなくなるのは、お店全体の経常利益です。 経常利益を上げる手っ取り早い方法は人件費であると言われています。 人件費を削減するにも最低賃金の引き上げなどがここ数年で加速しているのが現状で、それは我々の業界に多大なダメージを与えています。 人件費を削減するということ 我々の業界でオートメーション化(自動化)するというのは中々難しいものです。 昨今ではセルフレジを導入す […]

消費者の消費がここ数年で減少傾向にあるそうです

買上個数や買上点数というのは、お客様が商品を何個買ったかという数値のことを言います。 買上個数が多い商品ほど人気があり、お客様に支持されている商品であるという考え方ができるため、その商品は自然と売上上位品として考える事ができます。 基本的に買上個数を上げるためには安売りをすることで、この数値を増やすことができますが、それ以外にも2個で298円や3個500円など複数買わせる手法をとることで増やすこと […]

急激なレイアウト変更はお客様にストレスを与える

  • 2016.09.09

売上が悪くなってきたり、扱う商品が増えたり減ったりなどするときに、売場のレイアウト変更というものを行なうことが多々あると思います。 例えば納豆の売場とタマゴの売場を入れ替える等などを行うと、お店自体の雰囲気をガラっと変える事ができるようになりますが、お客様からすると意外にストレスを与える結果になることがあるのです。 そういったお客様は通い詰めてくれるのか、自分にとって買いづらいと判断して別のお店に […]

8なのか9なのかそれとも0なのかで利益が変わる

商品の価格設定というのは、本部が予め決めてしまう場合と担当者の一存で決めることができる場合とに分かれていますが、中にはすべての商品を本部で設定してしまうところもあるようです。 私が勤めるスーパーでは、大体の商品の価格を担当者が決めることができるようになっています。 そのため、自店の企画で価格訴求をしたり、日付が迫っている商品などを見切り品にする前に叩き売ってしまったりすることもできるのですがその反 […]

1 2 6