スーパーマーケットの社員

3/7ページ

消費者の消費がここ数年で減少傾向にあるそうです

買上個数や買上点数というのは、お客様が商品を何個買ったかという数値のことを言います。 買上個数が多い商品ほど人気があり、お客様に支持されている商品であるという考え方ができるため、その商品は自然と売上上位品として考える事ができます。 基本的に買上個数を上げるためには安売りをすることで、この数値を増やすことができますが、それ以外にも2個で298円や3個500円など複数買わせる手法をとることで増やすこと […]

急激なレイアウト変更はお客様にストレスを与える

  • 2016.09.09

売上が悪くなってきたり、扱う商品が増えたり減ったりなどするときに、売場のレイアウト変更というものを行なうことが多々あると思います。 例えば納豆の売場とタマゴの売場を入れ替える等などを行うと、お店自体の雰囲気をガラっと変える事ができるようになりますが、お客様からすると意外にストレスを与える結果になることがあるのです。 そういったお客様は通い詰めてくれるのか、自分にとって買いづらいと判断して別のお店に […]

8なのか9なのかそれとも0なのかで利益が変わる

商品の価格設定というのは、本部が予め決めてしまう場合と担当者の一存で決めることができる場合とに分かれていますが、中にはすべての商品を本部で設定してしまうところもあるようです。 私が勤めるスーパーでは、大体の商品の価格を担当者が決めることができるようになっています。 そのため、自店の企画で価格訴求をしたり、日付が迫っている商品などを見切り品にする前に叩き売ってしまったりすることもできるのですがその反 […]

スーパーマーケットの社員をしていて面白いと感じるところ

どのような職場でも面白い事や辛い事などがあると思いますが、私がスーパーマーケットの社員として面白いと感じるところなどをご紹介いたします。 まぁ正直職場にもよりますが・・・ 広告 スーパーマーケットの店員の仕事 面白いと感じるところをお話しする前に、スーパーマーケットの店員というのはどのような事をするのかを改めて考えてみたいと思います。 生鮮部門 生鮮部門は主に「水産」「食肉」「青果」「惣菜」などが […]

効率のよい棚替え(レイアウト変更)の方法とは

  • 2016.08.12

売上が悪い時が続いていたり、競合店に合わせて店内のレイアウト変更を行うことが決まったり、季節が変わったり等により棚替えやレイアウト変更を行うものです。 広告 棚替えには、自分が思っているよりも多くの時間を消費してしまいます。 営業中に行うのであれば、お客様の邪魔になるのはもちろん、本来売れるべき商品が売れないなどの機会ロスなども考えられるために、じゃあ閉店してからやろうものなら自分たちの睡眠時間を […]

1 3 7