商品を売るということは確率なのではないかと思った話

商品を売るということは確率なのではないかと思った話。その通路に何人のお客様が通るか

商品を陳列する際に考えなくてはならないことは、場所です。 どの場所に陳列するかによって商品の売れ方というものが変わってきます。   商品が売れるようになるためには、お客様にその商品を手に取ってレジで精算してもらう必要がありますが、そのためにはお客様にその商品が認知される必要があります。   商品を扱っていたとしても、その商品が売場に並んでいるのかを知らないお客様にはまず商品が売 […]

商品を売るということは確率なのではないかと思った話。扱う商品を増やすということ

商品を売るということは確率なのではないかと思う事があるのですが、この場合の確率というのは具体的な数値で表せるものではありませんが、取り扱う商品が多ければ多いほど売上や利益を上げるチャンスがそれだけ増えるのだと感じることがあります。 扱う商品を増やすということは、お客様に選択肢を増やしてあげるという事につながります。 読みが甘いと言われればそれまでなのですが、正直人の気持ちを察するというのは言うほど […]

商品を売るということは確率なのではないかと思った話。お客様の視界に商品を入れる

スーパーマーケットで売上と利益を得るまでに必要なことがいくつかあります。 商品を発注する ⇒ 納品される ⇒ 納品されたものを売場に陳列して価格POPをつける ⇒ お客様が手にとる ⇒ レジで精算をする このような流れが売上と利益を得るまでに必要な課程です。 そのほかにも売れそうなものを見つける等がありますが、大まかな流れとしてはこんなところでしょう。   この流れで商品の発注自体は特に […]

商品を売るということは確率なのではないかと思った話。担当者としてやったこと

前の記事では、私が新入社員の時に教わったことを書いていきましたが、今回は私が新入社員として会社から扱われなくなってきたときに何をしたのかを書いていこうと思います。   前回の記事は ⇒商品を売るということは確率なのではないかと思った話。私が新入社員の時に教わったこと   前回の記事では、売り上げるために商品を積め。ということでしたが、その結果は年々売上が落ちていき過剰在庫になっ […]

商品を売るということは確率なのではないかと思った話。私が新入社員の時に教わったこと

今回の記事は私が勝手にそう思っているという内容で、全くといっていいほど業務上何も役に立つような事では一切ないのですが 普段仕事をして商品が売れていく姿を見てふと思ったのですが、商品が売れるというのは確率なのではないだろうかと思ったというお話です。 商品を陳列する場合それが定番であれば定番の棚へ陳列するし、スポットや広告であればおそらくエンド等へ陳列することと思いますが、お店の中にも売れる場所と売れ […]