儲かる部門は日配部門や食品(グロサリー・グロッサリー部門)

  • 2016.05.09

スーパーマーケットで一番売り上げることができる部門というのは、青果部門となりますが、利益を上げられる部門が青果部門かというと、実はそうではありません。 企業によって戦略が異なるかと思いますが、「青で人を呼ぶ」と言うように、ほとんどのスーパーマーケットでは青果部門で人を呼んでいます。 人を呼ぶというのは、どういうことなのでしょう。例えば、鮮度です。新鮮な野菜というのはお客様に大変好まれる品であり、そ […]

スーパーマーケットの正社員の年間休日って実際のところどうなの?

  • 2016.05.09

スーパーマーケットの正社員として、私が働いていて、社員の休みについて解説していきます。 スーパーの正社員の仕事については 実際にスーパーマーケットの正社員ってどうなの? で解説しています。 広告 年間に休まなければならない年間休日というのは、国によって決められているようですが、国が定めたことというのはあくまで基準で実際にそれがどうなっているのかはわからないものです。 私のお店、部門では基本的にチー […]

全体の棚卸しを早く終わらせる方法

  • 2016.05.07

私が働いているスーパーでは、毎月棚卸しを実施しています。 会社によっては半年に一回などの頻度であるようですが、私は毎月行っております。そのため、在庫を数えるだけで言ってしまえば、慣れっこです。 広告 この記事では、私が行っている棚卸し方法をご紹介し、何かの参考になっていただければ幸いです。 食品部門(グローサリーまたはグロッサリー部門)の倉庫のみに特化したやり方は 倉庫の棚卸しを早く終わらせる方法 […]

見切りコーナーを設けておらず、どうしようもない商品が余った場合

  • 2016.05.05

広告や本部から送られてくるスポット品では大体が中途半端に残ってしまうものです。 エンドなどに陳列されていた商品が広告期間を終えてしまい、単純に広告品の残として、定番品でもなく棚にすら入らなくなってしまった場合というのはかなり厄介だったりします。これがまとまった数残ってしまった場合などは、そのままエンドで継続(多少の安売りはするかもしれませんが)することで解決できそうなものですが、中途半端の場合には […]

日配品の品出しのコツは作業効率を上げるための下準備から

  • 2016.05.05

日配部門というのは、お店の戦略や売場スペースによって異なると思いますが、買上点数が多く、また補充も大変です。 商品の加工などを行うような部門でもありませんので、従業員の数は他の部門と比べると少ない人数になっているかと思います。 広告 ただ、日配という部門は買上点数が多い部門なために、補充頻度で言えば青果部門の次に忙しい部門でもあります。 しかし、先にも言いましたが他の部門と比べると従業員の人数は少 […]

1 20 23