スーパー

2/3ページ

消費者の消費がここ数年で減少傾向にあるそうです

買上個数や買上点数というのは、お客様が商品を何個買ったかという数値のことを言います。 買上個数が多い商品ほど人気があり、お客様に支持されている商品であるという考え方ができるため、その商品は自然と売上上位品として考える事ができます。 基本的に買上個数を上げるためには安売りをすることで、この数値を増やすことができますが、それ以外にも2個で298円や3個500円など複数買わせる手法をとることで増やすこと […]

スーパーマーケットの社員をしていて面白いと感じるところ

どのような職場でも面白い事や辛い事などがあると思いますが、私がスーパーマーケットの社員として面白いと感じるところなどをご紹介いたします。 まぁ正直職場にもよりますが・・・ 広告 スーパーマーケットの店員の仕事 面白いと感じるところをお話しする前に、スーパーマーケットの店員というのはどのような事をするのかを改めて考えてみたいと思います。 生鮮部門 生鮮部門は主に「水産」「食肉」「青果」「惣菜」などが […]

在庫が多いと仕事が増えるとは

在庫が膨れやすくなるなるのは、主にグローサリーです。 広告 前回の記事 ⇒食品部門(グローサリーまたはグロッサリー)は在庫過多になりがち 食品部門や菓子部門などのドライ関係にはロット(発注単位)というものが大体がケース単位になるため、自社でピッキング作業をし、他店舗と分けることができるスーパーではあまり気にする事はありませんが、そのようなシステムのないスーパーでは発注単位というものは厄介なものにな […]

スーパーマーケット業界が求めている人材

大手などでは、若い力を欲していたりするので、新卒採用などを行っていたりするものですが、小さい規模のスーパーではお客様の対応であったり、電話対応であったりと、一から社員教育を行うよりも、社会人として慣れている30代から50代の人でも十分に採用される可能性があります。 スーパーマーケットの業界に転職を考えている方は ⇒実際にスーパーマーケットの正社員ってどうなの? 広告 何故、新卒よりも中途採用なのか […]

以前に流行っていた異常値づくりとは何か

かなり昔の話となりますが、異常値という言葉を聞いたことがあるでしょうか? これは全国の(とは言っても一部の企業ですが)スーパーマーケットで流行っていたものです。 この異常値づくりという言葉を生み出したのは こちらの本 を書かれた方が生み出したのではないかという説がありますが、本当のところはわかりません。 広告 異常値づくりとは 異常値づくりと言うのは、企業によって解釈は色々あったかもしれませんが、 […]