ロス

スポットや広告の発注の時、売場のイメージが持てない場合

本部から送られてくるスポットや広告の品で困ったという経験は担当者であれば誰もが経験することではないでしょうか。   大規模のスーパーであったりしっかりとした管理をされている本部があれば、そのような悩みを抱える必要はありませんが、小規模のスーパーで管理が行き届いておらず、完全に担当者任せになっている状態になっていれば本部スポット等の悩みは多いように感じます。 小規模のスーパーになると元々商 […]

消費者の消費がここ数年で減少傾向にあるそうです

買上個数や買上点数というのは、お客様が商品を何個買ったかという数値のことを言います。 買上個数が多い商品ほど人気があり、お客様に支持されている商品であるという考え方ができるため、その商品は自然と売上上位品として考える事ができます。 基本的に買上個数を上げるためには安売りをすることで、この数値を増やすことができますが、それ以外にも2個で298円や3個500円など複数買わせる手法をとることで増やすこと […]

日配で利益が出ない理由

部門を担当していると、売上はもちろん最終的な利益を考えなくてはいけません。 売上を求めると利益が低下し、利益を求めると売上が低下してしまいます。 広告 利益が出ない理由 日配で利益がでない理由は様々ですが、 値引き・廃棄が多い 安売りをしている 棚卸しでロスがある これ等が代表的な利益がでない理由になってしまいます。 値引き・廃棄が多い 値引き・廃棄が多い理由にもいくつかありますが、担当者の意識で […]

値引きなしで売上を伸ばすには

お店や部門の売上というのはさまざまな要因があります。 担当者の考え方や従業員のシフト。売場スペースなどの理由から来る内的要因。 客数やお客の心理状態やその時のブームなどから来る外的要因。 それ等を理由にするのは簡単ですが、担当者は売上と言う名のノルマを達成しなくてはなりません。 特に、日配部門では日付が持たない品が多く、売り逃してしまうとすぐに値引きロスが生まれていってしまいます。 それが原因で月 […]

補充による機会ロスを防ぐためには時間帯によって売れる商品を把握する事

人が居ない。 補充が追いつかない。 などの悩みは担当者であれば常に抱えるものです。 お店の規模によって異なるとは思いますが、時間帯によって売れる商品を把握することで、補充効率を多少なりとも上げることができるようになります。 部門担当者は本音を言ってしまうと 少ない労力で売上と利益を向上させることを理想としています(たぶんですが)。 ただ、あれも補充。これも補充。 というのが担当者の現実です。 どこ […]