利益率

1/2ページ

バイトやパートの最低賃金がどんどん上がっています

店舗の収益に影響を与えてしまうのもが人件費です。 しかし、人件費を削るために従業員を減らしてしまう事によって様々な問題が生まれてしまうことも考えられます。 お店の利益を上げるためにはできる限り人件費を抑えたい 例えば商品の補充であったり売場のメンテナンスや清掃であったりと、人が居なくなった分は誰かが被らなくてはなりません。人がいなければ営業自体が困難になってしまうため、小規模の店舗などでは社員の数 […]

野菜が高騰した時に売れる商品

どうも8月後半あたりから天候不順が続いていますよね。 9月に至っては梅雨でも何でもないにも関わらず各地では台風の被害が頻発している状態でした。 こういう時には野菜の相場が一気に上がっていく傾向にあります。 そのため10月現在では野菜の相場が上がるという現象が起こりました。 私が担当している部門は⇒スーパーマーケットの社員がブログを立ち上げる 野菜の相場が上がってくると私が担当している部門の商品が売 […]

10月2日は「豆腐の日」

毎日のように日々の売上を考えながら発注業務を行う上で、何を売ってよいのかわからないという日が多々あると思います。 2016年9月現在でも日配部門の売上が市場でも伸び悩んでいるようです。 しかし、市場がどうであろうと売場の担当者は常に売上や利益の事を考えなくてはいけません。 売り上げ不振になってくると、毎回何を売って良いのかがわからなくなってきます。 そんな時に売場にテーマを持たせて販促を打つために […]

消費者の消費がここ数年で減少傾向にあるそうです

買上個数や買上点数というのは、お客様が商品を何個買ったかという数値のことを言います。 買上個数が多い商品ほど人気があり、お客様に支持されている商品であるという考え方ができるため、その商品は自然と売上上位品として考える事ができます。 基本的に買上個数を上げるためには安売りをすることで、この数値を増やすことができますが、それ以外にも2個で298円や3個500円など複数買わせる手法をとることで増やすこと […]

8なのか9なのかそれとも0なのかで利益が変わる

商品の価格設定というのは、本部が予め決めてしまう場合と担当者の一存で決めることができる場合とに分かれていますが、中にはすべての商品を本部で設定してしまうところもあるようです。 私が勤めるスーパーでは、大体の商品の価格を担当者が決めることができるようになっています。 そのため、自店の企画で価格訴求をしたり、日付が迫っている商品などを見切り品にする前に叩き売ってしまったりすることもできるのですがその反 […]