補充

売れる店と売れない店どっちが大変?

会社で複数の店舗を持っていると当然人事異動というものがあります。 その中でも売れるお店や売れないお店というものも出てくるものです。 そこで疑問に思うのが、売れる店と売れない店ではどちらが大変なのかということなのですが、どのように感じるかは人それぞれであるとしか言いようがありません。 今回は売れる店と売れない店ではどちらが大変なのかを考えてみたいと思います。 まずはじめに売れる店と売れない店ではどう […]

在庫が多いと仕事が増えるとは

在庫が膨れやすくなるなるのは、主にグローサリーです。 広告 前回の記事 ⇒食品部門(グローサリーまたはグロッサリー)は在庫過多になりがち 食品部門や菓子部門などのドライ関係にはロット(発注単位)というものが大体がケース単位になるため、自社でピッキング作業をし、他店舗と分けることができるスーパーではあまり気にする事はありませんが、そのようなシステムのないスーパーでは発注単位というものは厄介なものにな […]

補充による機会ロスを防ぐためには時間帯によって売れる商品を把握する事

人が居ない。 補充が追いつかない。 などの悩みは担当者であれば常に抱えるものです。 お店の規模によって異なるとは思いますが、時間帯によって売れる商品を把握することで、補充効率を多少なりとも上げることができるようになります。 部門担当者は本音を言ってしまうと 少ない労力で売上と利益を向上させることを理想としています(たぶんですが)。 ただ、あれも補充。これも補充。 というのが担当者の現実です。 どこ […]

陳列時のレイアウトは基本的に縦にする

よく部門の担当者は他のスーパーを覗きに行くことがあると思いますが、それは競合店の視察であったり、扱う商品の参考にしたりと様々だと思います。 その時にふと気が付くのが、どこのお店でもカテゴリーごとに縦割りの陳列になっていることに気が付いたでしょうか?   売場には担当者の癖というか意思というものが反映されると言われており、レイアウトが縦になっているのにももちろん考えが働いています。 広告 […]